So-net無料ブログ作成
検索選択

ジュリーの家計簿 [JULIE]

番組を知らない友人に見せるつもりで
30年近く前週刊誌に載った「ドレミファ学園」の切り抜きを探す。
ジュリーは下町のあんちゃん」などと言う見出しと
鳥塚さんと司会をするジュリーのモノクロ写真もしっかりと覚えているのに
何故か現物が見つからない。

関連であったのは、この「ドレミファ学園」の前身「ワン・ツー・ジュリー」の紹介記事と

スキャン0017.jpg

スキャン0021.jpg

スキャン0022.jpg

このフレッシュ司会者の切り抜き

スキャン0018.jpg

これでは友人への約束が果たせないと思い、面白そうな切り抜きを探していたら
この「ジュリーの家計簿」を発見。

スキャン0019.jpg


ちゃんとジュリーの字で書かれた家計簿は珍しい。
外食費と交通費は、さすがに安いが
コーヒー代やクリーニング代は今とあまり値段が変わらない。
電池代など、むしろ今の方が安いかもしれない。
面白いのは、家・事務所国電代 80円
JRではなく「国電」の響きが懐かしい、私は「国鉄」と呼んでいたけど。
どうやらこの時期、たびたび電車有楽町まで通っていたらしい。

その証拠がこの記事

スキャン0020.jpg


タクシー代は800円はイタイ」
中野駅から構内をのぞきこみ「混んでるな、やっぱり車にしよう!」の記述がある。
思うに中野駅から有楽町駅までは1本では行かないから、乗り換えもしていた訳だ。
そう言えばその頃「電車はそのルートしか知らない」と言っていたような記憶もある。
現在では混雑も避けずJR、私鉄を乗りこなし、旅行も自分で計画している。
世間知らずはどこふく風で、すでに一般人化しているジュリー。
随分成長したのねえと感慨深い。
でも、記事を読むと、やはり今とほとんど変わらないジュリーがいる。
特に「ジュリーは、おこりんぼで大食漢だぞ!」なんて、正にそのものじゃん。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

チケットは届いたけれど [JULIE]

ジュリーファンの間で密かなブームのホッピー
私のような飲兵衛で無い限り、ホッピーの存在など知る由もないのが普通。
しかもファンには輪をかけて世間知らずのお嬢様が多い。

だから「ジュリーが飲んでいるなら私も飲みたい」と
飲み方も知らずにホッピーを買い、割らずにそのまま飲む無謀な人も出没
きっと、美味しくなかったでしょうね。

本当皆さんジュリーが大好き。
ジュリーの言動一つ一つに右往左往する乙女達が多々存在。
とか何とか言ってる私もジュリーが行った飲食店が判明したら
都心なら一度は様子を見に行くから
人の事をどうこう言える立場ではないのだけど。

ジュリー曰く「ホッピーは生では無く瓶で白が上手い」そう
でも「白」って本当に呼ばれているの?
ビールに例えれば「白ビール」になるけどね。
ホッピーに黒や生が出てきたのは、ここ10年くらいの話じゃない?
どうも納得がいかないよな~~

ところで1週間前に届いたソロコンサートチケット
あ~~正直、ショック
渋谷と県民こんなに悪い席が来るなんて初めて。

私の名前も、とうとうブラックリストに乗ったか?
何か澤會様の怒りに触れるような事したかな?
しいて言えば6日のワンズライブで
せっかく当選ハガキを頂いたのに振込しなかった事くらいだけど
やはり、不味かったかしら?
申し込むつもりでいたのだが、何やらチケットが過剰気味に出回りそうな気がして
多めに頼んだ友人にチケットを譲ってもらう選択肢を選んだ。
案の定、ヤフオクやファンサイトでは6日の売りチケットは氾濫していたから
判断正しかったと勝手に思っている。
良い席目当てでダブリ取りし、空席にしたくなかったのだけど

もしかして、あれ?逆に取られて
「この人間はダブり取り」のレッテルでも貼られた?
まあ、あれこれ要らぬ心配をしても仕方がないので
次回の渋谷に期待しましょう。

ほんの少し前までは、会場に入れるだけで有難いと考えていた。
今も確かに「落選」の声がチラホラ聞こえてはいるが
徐々に昔に戻りつつあるのではないと安心もしている。

それより何より怖いのは、もし来年のタイガース再結成が現実になった場合だ。
タイガースのチケット争奪戦がここ十数年の中で一番熾烈になりそう。
チケットゲットの為、最大限の努力を強いられそうだ。
これは、まだまだ老け込んではいられないわ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雑談でもトークショーとは、これ如何に? [JULIE]

不参加だったトークショー、詳しく書かれているサイトを読むと
今回は如何に乗って話していたのか良く分かる。
大好きなサッカー話が3分の1近く
ホッピーの話、高速道路運転術、銀ブラなどなど
脱線しまくりのトークは、さぞかし楽しかったろう。

しかしこの話の内容、飲み屋で常連同士が話す話題とほとんど変わらない。
「この前イタリアでお金多く取られてね、しっかり返してもらったよ」

「三日前銀座を歩いていたんだけど、暑くて暑くて喫茶店に入ろうとしたんだ。
でも俺、コーヒー、紅茶、ココアの類は夜眠れなくなるから駄目でさ、
だから、洋品店に入ろうとしたけど、ブランドものは入りづらいのよ。
それならって、ユニクロに入ったけど女性ものばかりで居られなくて
そのまま抜けて鳩居堂に入ったんだけど、お香の香りが苦手でさ」

「ホッピーはカロリー低いし美味しいよね、絶対黒より白で生より瓶」などなど
まあ何とも他愛のない自分勝手な話のオンパレード
ファン以外の人間がお金を払いトークショーに行ったら
怒るどころか呆れかえり、おそらく二度とは足を運ばないだろう。

だが、ファンに取ってジュリーの自己満足世間話は結構嬉しい。
あの頃、秘密のヴェールに閉ざされていたプライベートを
今自ら語ってくれるなんて、まるで夢のようだ。
気を許した相手だからこそ話せる、無意味にも取れる雑談の数々。
言い換えれば、それ位ファンは身近な存在とも言える訳だ。

ならば、身近であるファンは一人一人勝手に
ジュリーとデートしているつもりでトークを聴いたらどうだろう?
更に至福の時間を過ごせるかもしれない。
まあ、私の場合は赤提灯でたまたま隣に座り、
意気投合したオヤジの話を聞くシチュエーションの方がしっくりくるが。

そう言えば、人間離れした美ジュリーに夢を持ち続けているファンの人達は
「こんな話聞きたくない」と嫌悪感を表しているだろうか?
思うに、そんな夢見る夢子ファン達は自身で創り上げた
理想のジュリー像を勝手に何十年も持ち続けているが
それを覆す行為や言動はジュリー本人でもファンでも許せないようだ。

そんなファン達が言い出すか、どうかは分からないが
今回のトークショー「ワンズとのコンサート歌詞を間違えないように気を使うから疲れる」とか
「母親の教え通り出されたものは全部食べる」などと話していたそうだが
「ソロのコンサートでは歌詞間違えて良いってこと?」
「だから痩せないのよ、自覚がなさすぎ」なんて批判の声が上がらないといいが。


あまり神経質にならず、適当にプレジャーで行きましょうよ


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジュリーと歌おう [JULIE]

11月に行われる「愛LOVE9条の集い」にジュリーが出演するらしい
この情報、半信半疑どころか90%疑っていた。
でも、ちゃんとチラシに名前が載っていたから、今現在は決定のよう。

ジュリーと歌おう「我が窮状」
このためだけにジュリーは出るそう。

バックにスクリーンが出てきて、そこに歌詞が映し出されるか
予め歌詞カードを渡しておくのか
それとも歌声喫茶のように一小節の合間に歌詞をジュリーが叫ぶのか
神奈川県民ホールの観客全員とコーラス隊含む出演者で合唱する図柄を想像してみる。
これは全くジュリーらしくない姿だが、何故か歌いながら泣いてしまうジュリーも見えてくる。

大手新聞社やテレビ局も提携しているので
本人マスコミに流れるのも当然周知している訳だ。
これも今までのジュリーからすると考えにくい展開だ。

別に考える必要は全くないのだが、色々自分なりに試行錯誤してみた結果
ひょっとするとご本人「こんなオファーを待っていたのかもしれない」にたどり着いた。
タイガースの頃から一貫して変わらない平和への想い
あの、朝日新聞の記事を読み返してみる。

平和への関心は昔から強い。ある時、バンド仲間と戦争の話になり、一人が喧嘩(けんか)にたとえて言った。「攻められたら、守るだろう」

いや、一対一の喧嘩と、国と国の戦争は違う。そう思い至ったときに「少しプチッとはじけた」。戦争には、望まない人まで巻き込まれる。

これまでも「9条を守ろう」という文化人らの意見広告やアピールに時々、目立たないように賛同してきた。大声で呼びかける柄じゃない、と笑う。歌はソフトに終わる。

つまり「声高に賛同するのではなく、歌で伝える場所なら自分に合っている」と
そんな気持ちで参加を決めたのではないか?
もちろんジュリーの意図するところは全く別かもしれない。


何はともあれ「我が窮状」を一緒に歌えるだけでも参加する価値は充分だ。
ただ、全席自由席って事は当然徹夜組も出る訳で
山下公園あたりのホームレスさんにアルバイトしてもらう人とかいるだろうし
自分は人を雇ってまで徹夜してもらう程じゃないなあ
並びも最近やっていないからキツイなあ、どうしようかなあ~~~
でも夏場より楽だし、友達と喋ってたら大丈夫かなあ?

なんて、そんな次元でしか物を考えられない私みたいな人間が
こんな厳かな集いに果たして参加して良いのだろうか?


タグ:我が窮状
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

要らぬ心配、されど心配 [JULIE]

ソロコンサートの売れ行きが停滞気味。
渋谷も発売日に「予定枚数終了」となったのが
何故か昨日辺りから「発売中」になっている。
これはいったい???
澤會分チケットが余ったと言うのか?
ココロでは落選した方もいると言うのに不思議な展開だ。
今現在ソロでチケットが完売しているのは京都だけの様子。

最もドーム前に戻っただけで特に心配する程の事ではない。
ジュリー風に言えばライブ前日までに完売すれば良い訳だ。
ただ、ここ数年の異常ぶりから見るとちょっと拍子抜けしているのも事実。
ワンズとのライブが売れ行きに影響しているとすれば
ワンズに行った分、回数を減らすファンがいる位か?
逆にワンズライブでジュリーの歌を聴き
ソロに行きたくなる人が増えるのでは?と読んでいたのだが
どうやらそれは余り無いようだ。
まあ、ジュリーライブでお金儲けをしようと企んでいる人達の当てが外れたのは良かったかも?


売れ行きが普通に戻ったお陰なのか、関東甲信越でも結構良席が入手出来る。
そして、その誘惑に負けた私は思わず一ケタ台の栃木を買ってしまった。
しかし買ってから気がついたのだが、その日はフィギュア観戦に行く予定ではないか。
あ~~これだから慌てると碌な事がない。
誰か宇都宮を買ってくれる人を探すしかなさそうだ。
それとも、フィギュアのチケットが購入出来なかったら宇都宮に行くかな?

そんなこんなで渋谷のチケット争奪戦も、どうやら収拾の方向へ向かいそう
と思い安心したいのだが、どうも手放しで喜べなく心配は続きそうだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。